発表会に向けて練習する団員

舞ヶ丘合唱団

届けたい想いを歌声に

文化

女声合唱団「舞ヶ丘合唱団」(池田淳子団長、深谷博子指揮、19人)は11月26日(土)午後1時半から、真岡市民〝いちご〟ホール大ホールで、記念演奏会を開く。 
 演奏会のスローガンは「今、届けたい想いを歌声にのせて」。紛争や異常気象が起こっている現在、平和の尊さ、日常の大切さを少しでも伝えられたらと言う。
 プログラムは「浜辺の歌」「少年時代」「夢で逢えたら」など、馴じみのある曲や組曲「落葉松」など。
 同合唱団は1982(昭和57)年11月に結成、一時は60人近い団員が、美しいハーモニーを響かせた。2004(平成16)年まで故菊地マコトさん、以降は深谷博子さんを指導者に活動し、「おかあさんコーラス県大会」、同関東大会にも出場した。コロナ禍で一時は活動休止を余儀なくされ、現在はマスク着用、距離をとって練習。今年3年ぶりに出場した。演奏会は5年に一度開いている。
 練習は毎週金曜日午前10時~12時、小ホールで行っている。池田団長は「カラオケ好きな方、ピアノや楽器演奏の経験がある方など、一緒に声を合せてみませんか?」と話した。無料。(問)池田団長090・1803・6380。

PDF版はこちら

今号の記事

カテゴリー一覧