ウドントミカン、学童野球のメンバー

茂木町 芸人とガチンコ対決

学童野球選手が挑戦状

スポーツ

 茂木町の情報発信役の松竹芸能の若手芸人「ウドントミカン」のコンビが町内の学童野球の選手と11月7日、同町の並松運動公園野球場でノーヒットノーランをかけた「ガチンコ対決」に挑んだ。試合はウドントミカンのギブアップに終わったが、球児らはのびのびとプレーした。
 同対決は、町内4小学校の合同学童野球チームが、8月にウドントミカンが茂木中学校野球部と対決したことから「ぼくらも対決をしたい」と申し出た。
和歌山県出身の投手・ミカンくん、香川県出身の捕手・ウドンくんを相手に、キャプテンの茂木小6年・町田聖太君が、「僕たちもきっと勝てる。小学生なのでリラックスして投げて下さい」などと挑戦状を読み上げた。
 試合は、守備はなくボードゲームの「野球盤」に見立てたグラウンドで、ボールが飛んだ位置でアウトやヒット、ホームランなどを判定するルールで行われ、2~6年31人の全選手が一打席ずつ打った。
 11番目の打者の四球押し出しでノーヒットノーランは消滅。15番目の打者の中川小5年・古田土大翔君が初安打初ホームランを放ち歓声が沸き上がった。投手のミカンくんは、「大人を舐めるなよ」「いいスイングやな」と、バッターに突っ込みを入れたり褒めたりして和ませ、選手らは大らかなプレーを展開、ベンチもスタンドも笑いに包まれた。打順終了後、古口達也茂木町長も打席に入りヒットを放ち、ウドントミカンのギブアップとなった。
 殊勲の古田土君は、「ホームランを打てるとは思わなかったのでうれしい」と笑顔を見せた。ミカンくんとウドンくんは、「子どもたちが心を開いて僕たちを受け入れてくれたのを実感した」と交流の意義を語った。

今号の記事

カテゴリー一覧