七井裕司議長

渡辺直子副議長

茂木町議会議長に七井裕司氏

副議長に渡辺直子氏

社会

 茂木町の第2回臨時議会が5月10日に行われ、正副議長選で第37代議長に七井裕司氏(65、政和会、3期)、副議長に渡辺直子氏(58、政和会、3期目)がそれぞれ全13票を得て選出された。
 七井裕司議長は、議会運営委員会委員長、副議長等歴任。「歴代議長に尊敬の念を抱き、重責を痛感している」と話す。
 この様な時だからこそ、「町民、行政、議会がより連携を深め、協働していくことが大切」で、それには、「議員一人ひとりがアンテナを高くして自己研鑽に励み、相互の情報交換で活発な議論ができる環境をつくりたい。さらには議員も政策立案ができるくらいの、町民に信頼される魅力ある議会を目指したい」と決意を語る。
 好きな言葉に「多学少評」(ブレーキの意味)、「感じ・考え・行動する」(アクセルの意味)を掲げる。趣味はスポーツ。茂木町鮎田。
 渡辺直子副議長は、議会だより編集委員会委員長、教育産業常任委員会委員長等歴任。
 「これまでの議員としての役割を変わらずに務めていきたい」とした上で、町初の女性副議長として「より和やかな雰囲気をつくれるよう心掛け、議長および議会全体を盛り上げたい」と話す。
 趣味は読書とコサージュ作り。グループで町内の保育園児や各小中高生の卒業生や教職員の卒業・入学式用のコサージュを約15年作り続けている。座右の銘は「努力は天才なり」。茂木町茂木。

PDF版はこちら

今号の記事

カテゴリー一覧