厚生労働大臣表彰を受賞した菱沼校長

菱沼正二さんが厚生労働大臣表彰

真岡共同高等産業技術学校で技術者育成

文化

 真岡共同高等産業技術学校(真岡市八條)校長の菱沼正二さん(65)は11月18日、職業訓練事業の発展に貢献したとして厚生労働大臣表彰を受賞した。
 菱沼さんは、建築設計事務所を営みながら昭和59年4月から同校木造建築科及び建築設計科の指導員となり、平成30年に副校長、同31年より校長を務めている。後進技術者の育成に情熱を持って携わり、36年の指導員期間中に技能競技大会などで入賞者を多数輩出、また在学中や卒業後に2級建築士を取得した訓練生を世に送り出している。
 同校は、毎週土曜日午後の授業で、県認定の産業技術学校。建築工法の技術を身に付け2級大工技能士や2級建築士を目指す人、また建築規矩術及び木造建築製図が描けるようイロハから学んでいる人など幅広くおり、優秀な指導員の元で技術を身につけている。
 菱沼校長は「住宅建築の工法がプレカット技術の進歩などで変遷し、複雑な工法に対応できる技能者が少ないのが現状です。今こそ本校でしっかり技術を身に付け、事業所の発展に貢献し、取得した技能で実社会にも貢献できる技術者を育てることが必要だと感じています」と話している。

今号の記事

カテゴリー一覧