蝶の世界でもアルコール消毒

オオムラサキが除菌容器でひと休み

社会

 茂木町後郷の鷲の巣キャンプ場(尾島正治オーナー)にはクワガタやカブトムシなど、様々な虫たちがやってくる。
 その中には国蝶であるオオムラサキの姿も。オオムラサキは自然環境を測定する目安になる指標昆虫の一つにあげられている貴重な蝶だ。
 そんなオオムラサキが、事務所内に設置してあるアルコール除菌容器に止まり、羽を広げているのをスタッフが撮影した。尾島さんによると「木や花にとまっているのは目にしていたが、それ以外にとまっている姿を見たのは初めて」と話し、スタッフと「昆虫の世界でも、時節柄アルコール消毒するようになったのかな?」と目を細めていた。

PDF版はこちら

今号の記事

カテゴリー一覧