被災地支援に5万円

真岡D51支部

社会

 栃木県スポーツウエルネス吹矢協会真岡D51支部(星野輝相談役、鈴木茂支部長、会員25人)は能登半島地震支援義援金として1月25日、真岡市社会福祉協議会(礒野里子会長)に5万円を預託した。
 被災地の厳しい生活状況の報道に接し、自分たちにできることとして、総意で会の運営費の中から捻出した。
 同支部は、毎週水曜日午後、真岡市武道体育館で練習に励んでいる。高齢者が多いが、競技の緊張感を楽しみながら仲間との絆を深めている。1年間、大病や事故にあう人もなく過ごせたという。
 市社協には、鈴木支部長と緑川幸子副支部長が訪れ、吉住忠明事務局長に手渡した=写真。
 寄付金は県共同募金会を通じて被災者支援に使われる。

PDF版はこちら

今号の記事

カテゴリー一覧

暮らしの情報
イベント

記事一覧

習い事

記事一覧

美容・健康

記事一覧

趣味

温泉

記事一覧

ショッピング

食べる・買う・見る・着る

記事一覧