認知症サポーターのステッカー

真岡市 認知症サポーターがいます

事業所にステッカー貼り安心なまちづくり

社会

 真岡市は、認知症に対する正しい知識の普及と理解を広めようと認知症サポーター養成講座を受講した店や事業所に認知症サポーターステッカーを交付している。
 認知症になっても安心して住み慣れた地域で生活できるまちづくりを推進することが目的。交付は、市が実施している認知症サポーター養成講座を受講し、ステッカーを希望した事業所が対象。
 ステッカーは、オレンジ色で「認知症サポーターがいます」と書かれており、店舗や事業所などに貼り出し、認知症の方やその家族にやさしい事業所としてひと目でわかるように周知する。
 養成講座は、認知症について関心のある一般市民が対象で市公民館、二宮分館の2ケ所で開いている。今後の講座日程は、市公民館は6/9、8/18、10/13、12/8、令和4年2/9、二宮分館は7/14、9/15、11/10、令和4年1/12、3/9。いずれも水曜日で10~11時30分。この他依頼のあった企業や学校などで出前講座を行っている。
 申込み問合せは、真岡市いきいき高齢課☎0285・83・8132。

PDF版はこちら

今号の記事

カテゴリー一覧