迅速な救命処置女性6人を表彰

芳賀地区消防本部

社会

 真岡市内の飲食店で倒れた60歳代の女性を迅速な対応で救命したとして、芳賀地区広域行政事務組合消防本部は11月16日、同店店員と客の6人を人命救助協力者として消防長表彰を行った。
 表彰を受けたのは、台町の「サイゼリヤイオンタウン真岡店」店員の日下田雅美さん(51)=青谷、同じく都地菜穂子さん(45)=荒町3丁目=と客の仁平縁さん(55)=石島、白滝美菜子さん(34)=東大島、蕎麦田亜季さん(40)=根本、豊田琴江さん(37)=小林。
 発生は6月21日午後1時前、一人で食事をしていた60歳代の女性が立ち上がった際、レジ前で転倒し、心肺停止状態になった。近くにいた仁平さんが気付いて助けを求めた。店員日下田さんが119番通報。都地さんが気道確保と脈拍を観察。「119番通報。AED」の声が聞こえたため白滝さんがイオンタウン内にあったAEDを現場に搬送し、日下田、都地、蕎麦田、豊田さんの4人が協力し女性にパッドを装着。1回電気ショックを行った。救急隊員が駆け付けるまで連携して救命処置を行った。
 女性はその後社会復帰した。中三川祐二消防長から感謝状を受け取った6人は「絶対に助けるんだとの思いで、みんな一生懸命になった。命が助かったと聞き感無量です」と笑顔で話した。

今号の記事

カテゴリー一覧

暮らしの情報
イベント

記事一覧

習い事

記事一覧

美容・健康

記事一覧

趣味

温泉

記事一覧

ショッピング

食べる・買う・見る・着る

記事一覧