国土交通大臣表彰を受けた鈴木さん

鈴木さんが国土交通大臣表彰

自動車整備の功労で 交通指導員では県受賞

社会

 芳賀町東水沼の鈴木義惠さん(76)は10月29日、東京プリンスホテルで行われた令和2年自動車関係功労者大臣表彰式で、自動車整備事業で国土交通大臣表彰を受賞した。県内は1人。
 また、11月17日、県総合文化センターで行われた第12回県交通・生活安全安心県民大会で、交通指導員を40年続けていることから栃木県警察本部長感謝状を受賞した。加えて2月9日、県交通指導員連合会から、40年交通指導員特別功績章を受章した。
 鈴木さんは昭和47年、㈲鈴木自動車整備工場を創業し、自動車整備事業に尽力。また自動車整備振興会芳賀支部長を昨年6月まで計13年務めた。振興会は交通安全週間で「マイカー点検」などのイベントを開催し、交通安全啓発を行っている。また、マス釣大会や奥様セミナーなどで会員の親睦を図った。
 会社は、弟・隆夫さん、長男・和生さん、次男・久雄さんと家族で営み、家族の協力があって振興会の活動にも力を注げた。
 鈴木さんは昭和55年に芳賀町交通指導員となり、以来児童生徒の登校日に毎日、午前7~8時、立哨指導を行っている。近年は交通量も多く、芳賀中西側T字路で「子どもたちの命を守る」という使命感を持って任務に当たっている。また、祖母井の祇園祭や延生地蔵の盆踊り大会で、警察と協力して交通整理や警備を行っている。鈴木さんは「今後もできる限り続けたい」と話している。

PDF版はこちら

今号の記事

カテゴリー一覧