栗山純秀さん

高田山専修寺で初盆法会

輪番に栗山純秀さん着任

社会

 国指定史跡真宗高田派本寺専修寺(真岡市高田)の輪番に昨年11月、永福寺(東京都府中市)前住職の栗山純秀さん(78)が就任した。
 専修寺では、初盆法会、永代経法会を8月1日、2日に受け付けて実施する。高田まちは新型コロナウイルス感染拡大防止と楼門改修工事のため行わないが、線香(高田香)と御朱印は頒布する。
 栗山さんの趣味はドライブ。20代でJAF国内A級ライセンスを取得し審判員の資格もあり、現在もシニアクラスの競技に出場する。また、子どもが大好きで永福寺を開放し、小学生の部と中、高、大の学生の部に分け、4泊5日のお泊り会を50年間行い、青少年の健全育成に尽力した。
 栗山さんは「人は一人では生きられない。御先祖様や親戚、地域との縁をつなぐ機会として参拝して下さい」と話す。同寺☎0285・75・0103。

PDF版はこちら

今号の記事

カテゴリー一覧