髙杉さん(左)と佐藤市長

髙杉さんに感謝状
子どもの居場所支援にと寄付

文化

サッカーJ2栃木SCの元選手で、現在同クラブの強化担当を務める髙杉亮太さん(38)はこのほど、宇都宮市の子どもの居場所支援に役立ててもらおうと、市社会福祉協議会を通して現金約13万円を寄付し、9月5日、佐藤栄一市長から感謝状を受けた。寄付金は2021年の自身の現役引退記念として同クラブが製作したグ
ッズの収益の一部で、市内の「子ども食堂」などの運営資金に充てられる。
 市役所で行われた贈呈式で感謝状を受け取った髙杉さんは「昨年、選手全員を含めてクラブとして宇都宮市の現状を知る機会があり、サッカー以外で何かできることはないかと考えていた。子どもたちのためになるように使っていただけたら」と話し、これまで自分を応援してくれたサポーターに向けて「チームと共に、子どもの居場所支援等の課題に目を向け、共に取り組んでいけたら」と語った。

PDF版はこちら

今号の記事

カテゴリー一覧