上:全建総連栃木県建設労働組合芳賀支部 下:㈱デベロップ

真岡市 2つの災害協定締結

更なる防災対策の充実図る

社会

 真岡市は9月23日、全建総連栃木県建設労働組合芳賀支部(髙梨文夫支部長)と、24日に㈱デベロップ(岡村健史代表取締役)と災害協定を結んだ。
 全建総連栃木県建設労働組合芳賀支部とは「災害時における災害応急対策活動の協力に関する協定」を締結。大規模災害が発生した際、指定避難所などの補修・修繕、資機材の調達、および輸送について支援を得られる。同組合は福島県、熊本県の災害で大規模な復興支援を行った実績がある。
 株式会社デベロップとは「災害発生時における避難所設置の協力に関する協定」を締結。災害発生時に指定避難所の利用が困難、収容人数が超過した場合にホテルの客室を一時的な避難所として利用できる。新型コロナウイルスの感染拡大防止や避難所のプライバシー保護にも役立てられる。同社は全国でコンテナ型ホテルを運営し、市内でも2店舗を運営している。

今号の記事

カテゴリー一覧