5月31日は世界禁煙デー

社会

 県東健康福祉センターは5月31日の世界禁煙デーと5月31日~6月6日の禁煙週間に合わせて、センター内にポスター掲示とティッシュの設置など禁煙及び受動喫煙防止の啓発活動を行う。
 令和3年禁煙週間のテーマは「たばこの健康影響を知ろう!~新型コロナウイルス感染症とたばこの関係」となっている。
 喫煙が健康に与える影響は大きく、ニコチンの依存性を踏まえると、生活習慣病を予防する上で重要な課題となっている。また、受動喫煙の問題もあり、喫煙は個人の嗜好にとどまらず、社会全体で考えていく必要がある。
 新型コロナウイルス感染症に関しては、喫煙者は非喫煙者と比較して、重症となる可能性が高いことが明らかになっている。
 同センターは「この機会に喫煙が及ぼす影響と禁煙について考えてみましょう」と話している。
(問)県東健康福祉センター☎0285・82・3323

PDF版はこちら

今号の記事

カテゴリー一覧