ふみの森もてぎ 6月19日までテーマ展

茂木の旧街道を紹介

催し物

 ふみの森もてぎ(茂木町まちなか文化交流館)は、歴史資料展示室でテーマ展「茂木の旧街道~道標・石造物から辿る近世の道路網~」を開催している。観覧時間は6月19日までの午前9時~午後7時(土・日・祝日は午後5時まで)。月曜日は休館となっている。
 車社会の到来とともに、人馬が往来した昔の街道は急速にその姿を消しつつある。同展では、旧街道沿いに残された道標や石造物を辿りながら、茂木宿を中心に放射状に延びる茂木の旧街道を紹介。併せて、那珂川を利用した水運、江戸時代後期以降に大衆化した庶民の旅などについても紹介している。
 主催は茂木町教育委員会。詳細についての問い合わせは、ふみの森もてぎ(茂木町茂木1720―1)☎0285―64―1023へ。

PDF版はこちら

今号の記事

カテゴリー一覧