阿久津社長

「にっこり日本一!」目指す

ロマン開発社長に阿久津俊夫さん

社会

 10月1日付で、道の駅はがの運営会社・芳賀町ロマン開発㈱の代表取締役社長に阿久津俊夫さん(64)が就任した。
 阿久津さんは県産業振興センターでフードバレー担当のマネジャーを務めたほか、関東経済産業局のアドバイザーなど企業支援に従事してきた。「支援する側から経営者へと180度立場が変わり責任の重さを痛感している」と表情を引き締める。
 目指すは「にっこり日本一!」の道の駅。芳賀町特産のナシ「にっこり」にちなみ、同社の理念・ビジョンを掲げる。社員・スタッフの笑顔(誇り・やりがいの創出、社員満足度の向上)、お客様の笑顔(顧客満足度の向上、リピーター・ファンの創出)、地域社会の笑顔(地域におけるにぎわいの創出)。これら三つの笑顔をつなぎ・広げ「にっこり日本一!」を目指す。
 「『にっこり日本一!』は『道の駅はが丸』の羅針盤。LRT開業という千載一遇のチャンスを追い風に、新たな船出に挑みたい」と語る。
 芳賀町生まれ。真岡高校、慶應義塾大学法学部卒業。社会人の学び直しで10年前に宇都宮大学大学院農学研究科修了。西高橋の自宅に家族3人暮らし。

PDF版はこちら

今号の記事

カテゴリー一覧