「金鈴荘の和風クリスマス」のポスター

12/18 金鈴荘で和風クリスマスを開催

真岡まちづくりプロジェクト

催し物

 市民らの提案を中心市街地の活性化につなげる真岡まちづくりプロジェクト(通称まちつく)の金鈴荘チーム(5人)は12月18日(土)、真岡市荒町の岡部記念館金鈴荘で、真岡女子高、真岡工業高との共同企画として「金鈴荘の和風クリスマス」を行う。
 金鈴荘は県指定文化財になっており、歴史と格式ある建物と、整えられた庭園を多くの人に知ってもらい、真岡の和文化の発展、交流の場としたいと企画した。 
 10時から真岡女子高の茶華道部が、庭園で生け花を生け、完成後にそれぞれ作品のテーマを説明する。
 また、13時~、14時~は各20分程度、琴部による演奏も行われ、それぞれ和のクリスマスとして盛り上げる。他にも、美術部がポスターを制作したほか、写真部が当日の撮影を担当し、司会は、まちつくメンバーの真岡工業高校生が担当する。
 当日、隣接の「もめん茶屋」では、いちごみるく、おしるこなど同企画限定のメニューを提供予定。生け花は20日(月)まで、金鈴荘内に展示する。
 インスタで発信中。(@mokamachidukuri)

今号の記事

カテゴリー一覧